自治体の皆さまへ

保育園だけでなく、もうひとつの相談場所があるのは親としても安心です。

VOICE

保護者名:宮澤真奈様
利用児童名:宮澤蒼様(6歳)、宮澤昴様 (3歳)
※主に蒼様(6歳)について聞きました
※特徴:自閉傾向、軽度知的障害

ご利用されてどれぐらいですか?

(通所は)上の子(蒼さん)が年少から利用したのでもう3年になります。年少の1年間は保育園に通えなかったため、毎日通っていました。
訪問支援は年中に上がるタイミングで開始しました。

どこでAIAI PLUSを知りましたか?

施設のフェンスに貼ってあったポスターを見てPLUSを知りました。

以前は他の地域で集団支援を受けていたが、八千代市に引っ越してきてから、PLUSで個別支援を受けるようになりました。

集団支援ではなじめず浮いていたので、個別支援でじっくり向き合ってもらうことで発育に期待をしました。

個別支援での一番の最初の効果は、目を見て話せるようになったことです。

集団支援の時は名前を呼ばれただけでは、自分に話しかけていると気が付けなかったのですが、個別支援を受けてからは、例えば自分の名前を後方から呼ばれても、自分のことだと気付き、振り返ることができるようになりました。

保育所等訪問支援を利用したいと思ったきっかけはなんですか?

個別支援では、様々な気付きなど成長を感じることが増えましたが、年中から保育園に通うようになり、以前のように馴染めないと困るため、集団生活でどの様なことに困っているかを探るために、訪問支援に入ってもらいました。

実際に利用してみていかがですか?

訪問支援に入ってもらい、集団生活の場では自分の困りごとを人に伝えることができていないことが分かりました。

制作活動に必要な物が無いので欲しいことや、手が汚れて気持ちが悪いなどの困っているときに困っているんだということが言えない状態であることを訪問支援員さんに指摘してもらいました。

その為、ヘルプサイン(先生など人を呼ぶ)を出せるような練習をするようになりました。

練習を重ねるにつれて、様々な場面において、困りごとが起こった場合に、自分が何をしたいのか、周りの人(先生など)にどうして欲しいのか、を訴えることができるようになってきました。

ヘルプサインを出せるようになり、小学校での集団生活においても、少しでも困りごとが少なくなるようになればいいなと思っています。

AIAI PLUSを「知らない」、利用するか「迷っている」人がいるとしたらどんな方におすすめですか?

療育自体は集団活動が苦手なことを解消する為だけでなく、子どもが安心できる場として療育が必要だと感じました。

保育園だけでなく、もうひとつの相談場所があるのは親としても安心です。

(通所との併用は)知っている人が来てくれることが安心です。

保育園で困りごとだけでなく、いい面を知れるのもいいことだと思います。

療育を受けることは、決してネガティブなもののみではないです。

保育所等訪問介護 保育所等訪問支援 AIAI VISIT【アイアイ ヴィジット】AIAI Child Care 株式会社保護者の声保育園だけでなく、もうひとつの相談場所があるのは親としても安心です。