自治体の皆さまへ

子どものADHD(注意欠如多動症)とは?症状や特徴、診断や接し方をわかりやすく解説

COLUMN

沐浴とは、赤ちゃんに個別におこなう清潔ケアのことです。新生児期の赤ちゃんは細菌などへの抵抗力が弱いため、大人と一緒に入浴せず、ベビーバスなどの個別の浴槽にて清潔ケアをおこなうことが推奨されます。この記事では沐浴の目的や沐浴のやり方、いつまで必要かについて解説します。沐浴をはじめ、育児について分からないことがある場合に利用できる相談先も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

沐浴とは

沐浴とは、生後1ヶ月ぐらいまでの新生児の時期に、ベビーバスなどの赤ちゃん専用の浴槽を使っておこなう赤ちゃんの清潔ケアのことです。

沐浴をおこなう理由は、赤ちゃんは生後間もない時期には細菌への抵抗力が弱いため、大人と同じ浴槽でお風呂に入るのではなく、個別に入浴をおこなうことが推奨されているためです。

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで、汗や皮脂の分泌も多く、おしっこやうんちで皮膚がかぶれてしまうこともあります。

しかし、赤ちゃんの肌が乾燥してしまうなどの影響も考えられるため、必ずしも毎日沐浴をおこなう必要はないとされています。

赤ちゃんの様子や気温など、さまざまな状況に応じて沐浴の頻度を調整するといいでしょう。

沐浴の目的

沐浴には、赤ちゃんの体をきれいにする以外にも、以下のような目的があるとされます。

赤ちゃんの状態を確認する

沐浴は、赤ちゃんの体を見てひっかき傷や肌荒れなどがないか確認する機会にもなります。

ただし、のちの「沐浴のやり方」の章で詳しく説明しますが、沐浴は全工程を5~10分程度で終わらせることが推奨されています。

「沐浴の手順」の項で紹介する「観察のポイント」を踏まえておき、順番に確認していくといいでしょう。

コラムカテゴリー

保育所等訪問介護 保育所等訪問支援 AIAI VISIT【アイアイ ヴィジット】AIAI Child Care 株式会社コラムADHD子どものADHD(注意欠如多動症)とは?症状や特徴、診断や接し方をわかりやすく解説